-伝統ある水引から新しい水引へ-

  1. ホーム
  2. 豆知識マナー

#

  1. 懐妊のお祝いについて

冠 人生の節目の記念日について

懐妊のお祝いについて

こちらから詳細ページへリンクで移動できます。ご覧になりたい項目をクリックしてください。

懐妊のお祝い「帯祝い」とは?

「帯祝い(着帯の祝い)」とは懐妊のお祝いのことを指します。
妊娠5ヶ月の戌の日に「岩田帯」と呼ばれる腹帯をおなかに巻き、身内でお祝いをします。
戌の日に行うのはお産が軽く多産の犬にあやかったものですが、5ヶ月目にこだわらず妊婦の体調の良い日を選んでもよいでしょう。

お祝いの品と贈り方

岩田帯を贈る
岩田帯は紅白の絹2筋と白木綿1筋を重ねたもので、通常、妊婦の実家から贈られます。
最近では、伸縮素材のものや、より実用的なガードルタイプやコルセットタイプなどがあるので、本人たちに相談することが大切です。
岩田帯は安産の神様をまつる神社やデパートなどで求めることができます。

ご祝儀を贈る
妊婦の実家から腹帯とともに現金を贈る場合
• 水引…赤白の花結び 熨斗あり
• 表書き…「酒肴料」
• 金額の目安…5,000~10,000円

友人や親類がお祝い金を贈る場合 (ごく身近な人のみ贈る)
• 水引…赤白の花結び 熨斗あり
• 表書き…「御帯祝」「御祝」「懐妊祝」
• 金額の目安…3,000~5,000円
一言アドバイス
「懐妊祝い」としてマタニティ用品を贈ってもよいでしょう。
この場合、出産祝いと重ならないような妊娠期間中に必要なものを贈りましょう。

お礼

基本的に不要です。

ページのトップへ戻る