-伝統ある水引から新しい水引へ-

  1. ホーム
  2. 豆知識マナー

#

  1. 結納について
  2. 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)の結納

婚 結婚・結納について

結納について

こちらから詳細ページへリンクで移動できます。ご覧になりたい項目をクリックしてください。

九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)の結納

九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
11品目か9品目で行う方がほとんどです。目録は品数に数えません。

基本の9品目
1. 熨斗
2. 金包(男性からは「小袖料」「御帯料」「帯地料」、女性からは「御袴料」)
3. 寿恵広
4. 御知家
5. 友白髪
6. 子生婦
7. 寿留女
8. 結美和
9. 家内喜多留
基本の9品目に目録を加えます。

11品目の場合
基本の9品目に帯や高砂を加えます。

7品目の場合
基本の9品目から結美和と家内喜多留を除きます。

結納金
50万円~100万円が一般的です。

結納返し
九州では、もともと結納返しという習慣がありませんが、最近では婚約記念として女性から男性へスーツや時計等の品物を贈るケースもあります。

特徴
結納の前に「一生一代(一升一鯛)添い遂げる」という意味を込めて、男性側から女性側へ、酒一升と鯛一尾を贈る習慣があります。また、九州では結納品に御知家(お茶)を含めます。この御知家には「お茶は移植すると根付かない→離婚しないように」という意味があります。
※地域によってしきたりや作法が異なることがあります。双方で十分に話し合い決定しましょう。

ページのトップへ戻る