-伝統ある水引から新しい水引へ-

  1. ホーム
  2. 豆知識マナー
  3. その他

#

  1. その他
  2. 年賀状のマナー

その他 いろいろな場面の礼儀やマナーについて

年賀状のマナー

年賀状の書き方・マナー

年賀状は日頃お世話になっている人や友人、親戚などに新年の祝いの言葉を贈るあいさつ状です。
基本的なマナーに気をつけて相手に喜ばれる年賀状を送りましょう。

表書きの基本構成

裏書きの基本構成

賀詞の種類と本文

賀詞とは本来、年賀状に限らず祝意を表す言葉をさします。
本文と重複しないように注意し、送る相手によって使い分けましょう。
※ 句読点は使わないのが礼儀です。

賀詞の種類

喪中欠礼状の書き方・マナー

自分が喪中の場合
<喪中欠礼状を出す>
・近親者が亡くなった年は喪に服し、年賀状の送付や新年のあいさつ、寺社への参拝など慶事ことを控えます。
・喪中欠礼状は、先方が年賀状の用意する11月中旬から12月の初旬までには届くように出しましょう。
・喪中とする近親者は通常、両親、配偶者、子、生計を供にしている祖父母、兄弟姉妹、孫などの自分を中心とした二親等までですが(下図参照)、絶対的な原則はありません。
※ 生計を供にしていない兄弟姉妹や子供の配偶者、兄弟の配偶者をなどを含めることもあります。

喪中欠礼状の基本構成

※ 句読点は使わないのが礼儀です。

<喪中なのに年賀状が届いたとき>
・喪中欠礼状を出していなかった不手際を詫び、年賀状に対するお礼と故人を明らかにし、喪中であったことを伝えましょう。
・1月7日(松の内)が過ぎてから、寒中見舞いや挨拶状として送ります。
・日付は元旦とせず、投函日の日付にします。

<故人宛てに年賀状が届いたとき>
・喪中欠礼状を出していなかった不手際を詫び、故人に代わりお礼と感謝の言葉を伝えましょう。
・1月7日(松の内)が過ぎてから、寒中見舞いや挨拶状として送ります。
・日付は元旦とせず、投函日の日付にします。

先方が喪中の場合
先方から喪中の通知を受けとった場合、年賀状を出さなくても失礼にはあたりません。
しかし、1月7日(松の内)から立春前日(2月3日ころ)までに出す寒中見舞いにお悔やみの言葉を添えて送ることは差し支えありません。その際使用するはがきは控えめなデザインのものにしましょう。
もし、先方が喪中と知らずに年賀状を送ってしまった場合はすぐにお詫びの手紙またははがきを送りましょう。
1月7日(松の内)が過ぎてから、あらためてお悔やみの言葉を添えた寒中見舞いまたは手紙を出しましょう。
年賀状を送った相手から年明け後に寒中見舞いなどで喪中のことをしらされたときも同様に、すぐにお悔やみとお詫びを兼ねた手紙を送りましょう。

被災地への年賀状の書き方

地震・台風などで被災した知人に年賀状を送ってもいいものかどうか、悩むところです。
復興活動に追われ、避難生活が続くなか「おめでとうございます」と年賀状が届いても新年を祝う気持ちになれない方も多いと思いますし、喪中の方でも喪中欠礼状を出すどころではない方もいらっしゃるでしょう。
そういった場合、年賀状ではなく年内に見舞い状として送るか、1月7日(松の内)以降に寒中見舞いとして送る方がいいでしょう。
しかし、例年通り年賀状を受け取りたいという方もなかにはいらっしゃると思います。
いずれの場合も、自分の身に置き換えて先方の置かれている状況を思いやり、お祝いの言葉やおめでたい表現は避けた方がいいでしょう。心のこもった言葉で、一日も早い復興をお祈りしましょう。

<年内に見舞い状として>
(例)先日の【災害の内容】には衷心よりお見舞い申し上げます
一日も早く落ち着いた生活に戻れますようお祈りいたしております
何か必要なものや私どもでできることがあれば遠慮なくお申し付けくださいましたら幸いです
寒さが日々増していく折、くれぐれもお体にお気をつけ下さい
来年は良い年となりますよう心からお祈り申し上げます

<年始の挨拶状(年賀状)として>
(例)年頭の御挨拶を申し上げます
【災害の内容】依頼なにかと不自由な日々を送られていることと存じます
私どもで何かお役に立てることがありましたら何なりとお申し付けください
向寒の折、どうぞご自愛ください
一日も早く生活が回復され明るい年となりますよう心からお祈り申し上げます

(例)謹んで年始のご挨拶を申し上げます
旧年中のご災厄を改めてお見舞いたしますとともに本年のご再興ご躍進を心よりお祈り申し上げます

※ 年始の挨拶状の場合、年賀はがきは使用しません。
年賀状として出す場合でも、先方を気遣う言葉を選びましょう。

<寒中見舞いとして>
(例)寒中お見舞い申し上げます
厳しい寒さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか
一日も早く以前の生活に戻れますようお祈りいたしております。
本年の皆様のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げます。

※ 寒中見舞いに年賀はがきは使用しません。

ページのトップへ戻る